縫わずに吊るすだけ。薄手大判ストールをお洒落カフェカーテンへ早変わり。

引き出しの奥に眠っている、薄手の大判ストールがありました。お気に入りなので捨てられずにいましたが、このまま眠らせておくのも気になります。そこでもう「布」として考えてカフェカーテンにしましたよ。

Sponsored Link

お気に入りの薄手大判ストール

まだ肌寒い春に薄手の大判ストールを購入しました。差し色としてよく使う赤系の小花柄です。ところが私の場合、大判の薄手はあまり出番がありませんでした。

もう少し厚手タイプの方が出番があるかもしれませんね。保温、風よけ、UVカットなど色々期待出来ますから。年齢を重ねて行くと使うものも変わってくるのでしょうか。断捨離するにも踏ん切りがきかないので「布」として再利用することにしました。

なんちゃってカフェカーテン

本来、カフェカーテンはこんな感じですよね。

この形にするには、穴をあけたり帯を付けたり。筒状に縫ったり。でも、その手間は避けたい。・・・かといって、布を吊るす金具を買うのも避けたい。家の中にあるもので何とかしたい。

家の中を見まわしたら、これがありましたよ。ウッドクリップ。これを使おう!

▼ウッドクリップ

ウッドクリップ好きでよく使っています。100円ショップでも見かけますね。プラスチックのように劣化しないし、それなりに風合いが出てきます。自然素材だから、これで何かを留めても嫌じゃありません。

裏からクリップでつまむだけ

こうして記事にするまでも無いんですけども。ひょっとしたら、どなたかのお役に立つかもしれないので書きます。全て逆光で暗い画像ですがお許しくださいね。

最初はレースだけの窓です。

ここは北東。朝は陽射しが射し込みますよ。夏は特にまぶしいほどですが、10時くらいから陽が当たらなくなる場所。それなりに見晴らしも良いので、遮光カーテンで隠すのは勿体ないのです。窓を開ければソヨソヨと風も入ってきます。

そこで、こんな感じにストールを追加。横にして吊るしました。

もともと使っていたレースが見えているので、ほど良く明るさもキープ。景色も見えます。透けた感じが良い雰囲気になりました。

やり方は簡単です。突っ張り棒にストールをくるっと少し巻いて、裏からクリップで留めただけ。上から覗くと、こうなっています。

暗くて申し訳ないですね・・・

クリップを立てない。裏から留めることがポイントですよ。水平または下向きにすると、目立ちません。

▼全体像

突っ張り棒に、ストールをくるっと少し巻いて、裏からクリップで留めただけです。

工夫次第で仕切りや鏡カバーなど色々応用できそう

私は出窓で使いましたが、何かの仕切りに使っても良いんじゃないでしょうか。縦にして「のれん」のようにしても良いと思いますよ。クリップで留めなくても、全身を映す鏡などにちょっとかけても良いですね。

壁などにラフな感じに吊るすのなら・・・麻紐でも良いけれど、ふにゃふにゃしてたるむので、柔らかい太アルミワイヤーを使うのも良いですね。

私は以前、カラーボックスの内側にフックとアルミワイヤーをセットして布をかけていましたよ。そのときは、ちゃんと布を筒状に縫っていたんですが、小さいウッドクリップなら縫わずにいけるかもしれませんね。

▼フックとワイヤーのイメージ。

ただ・・・カラーボックスにストールを使うのは大きいでしょうから、大判のスカーフや手ぬぐいなどを試すのも良いかも。内側で吊るさなくても、上からかけて固定するとキチンとした印象になりますね。

ストールは綺麗な柄や色が多いですよね!もう首に巻かないもの、引き出しの奥に眠っているのなら「布」として使うと楽しいですよ。アルミワイヤーもウッドクリップも100円ショップにあります。

機会がありましたらぜひどうぞ。

Sponsored Link

この記事をシェアする

トップへ戻る