麺つゆで漬けこむ「味付け卵」は簡単だけどコツが必要でした

ラーメン屋さんの味付け卵は、中まで味が浸みていて美味しいですよね。自宅で作る場合も卵が1つあるとパッと明るくなります。色々な方のレシピをアレンジして実際に作ってみましたよ。コツさえつかめば簡単です。

Sponsored Link

麺つゆで漬けこむ「味付け卵」

今回は、味付け卵の簡単な作り方をご紹介です。

近所のラーメン屋さんで注文するのは、上画像がお決まりパターン。魚介スープにたっぷりのほうれん草プラスです。そして・・・一緒に「味付け卵」を。白身に味が染み込んだ卵、美味しいですよね。

色々な方法があるけれど、麺つゆを使うのが1番簡単でした。大雑把にお話しすると・・・半熟卵の殻をむき、濃いめの麺つゆに半日以上漬けるだけで完成します。

簡単な作り方と「コツ」

コツと思われる部分を「ここがコツ」と枠で囲みます。良かったら参考になさってくださいね。

①生卵に穴を開け、熱湯から茹でる

熱湯から茹でます。Lサイズの卵を8分茹でたら、固めの半熟になりました。(最後に画像があります)

ここがコツ
  • 卵の殻に穴をあけておく
  • 卵は冷蔵庫から出してすぐでも大丈夫
  • 水量は卵が全部かぶるくらい(上の画面では少ない)
  • 熱湯から茹でる
  • ゆで時間は6分~7分 、きちんと時間を測る
  • 時々転がすと黄身がかたよらない

③冷水でキッチリ冷やす

きっちり冷やします!最初に穴を開けたことで、殻が剥きやすくなっています。冷えた後、小さなタッパーにいれてカシャカシャ振ってヒビを入れても剥きやすいですよ。

ここがコツ
  • キッチリと冷やす。

④濃いめの麺つゆに浸す

▼私が10年以上愛用している麺つゆは「創味のつゆ」です。

鰹のうま味たっぷり!濃縮タイプです。煮物・丼物・鍋物と色々な料理に合わせて薄めて使えるので便利ですよ。

▶創味のつゆ

ジップロックのような密封袋に入れて、濃いめの麺つゆに漬け込みます。漏れを予防してタッパーに入れておくと安心

ここがコツ
  • ジップロックのような密封袋を使う
  • 麺つゆの量は卵が隠れるくらい。
  • 半日以上漬けこむ
  • 麺つゆの濃さ目安は、お蕎麦のつゆより濃い位。

⑤完成です

失敗画像ですが、ゆで加減の目安になりそうなのでご参考までに。

左側は8分茹で。右側は6分茹で。卵の大きさでも変わると思います。常温の卵からも作ってみたのですが少々難しかったです。

常温に戻した卵を茹でる場合は、水から茹でて蒸らします。目安として、6分茹でて6分むらし。蒸らす時は蓋を忘れずに。

ただ、季節や環境によって常温の温度が違うので、必ずしも6分づつというわけにもいかないのが難しいところでした。

最後に

ラーメン屋さんの味付け卵が美味しくて、自分でも作ってみました。卵の殻に穴をあけるのは、画びょうのようなもので静かにあけると良いですよ。

簡単にまとめると以下1~4の順になります。ゆで時間は卵の大きさや硬さの好みで加減してみてくださいね。

  1. 冷蔵庫から取り出した卵に穴をあける
  2. 沸騰したお湯から7分茹でる
  3. 冷水で冷まして殻をむく
  4. 濃いめの麺つゆで半日以上漬ける

Sponsored Link

この記事をシェアする

トップへ戻る