じんわりやる気が出る言葉「今のままでは今のまんま」で一歩前進

毎日平凡なようで、色々な事が起きるものですね。その日の体調や心の加減で、やる気スイッチが入らない事ありませんか?いつも前向きで頑張れたらいいけれど、そうもいかない事もあります。

Sponsored Link

今のままでは今のまんま

1度見ただけで、心に焼き付いてしまう映像ありませんか?20年以上前だと思いますが、TVをなにげな~く見ていてCMが流れた映像が印象的でした。

♬今のままでは 今のまんま

弾む歌声に合わせて、数匹の子ブタちゃんが踊ってるものです。

ダイエット食品のCMでした。子ブタちゃんたちは、女子力高めな気分で踊ってるんですが、あぁ・・・残念だ。もうちょっとスリムになったら、その踊りも服も似合うのになぁという仕上がり。

はっ!そうだ。動かなきゃ。今のままじゃ何にも変わらないんだ・・・。

当たり前の事なんですが、かなり衝撃を受けましたよ。この記事のために色々調べたけれど、古すぎてわかりませんでした。ご存知ですか?

たった1歩でも、やる・やらないは大違い

いつか・そのうち・あとで。知らず知らずのうちに「今のまま」を選んでいる私。どこかに「このままでも何とかなる」という自分がいるのです。

もちろん変わりたいと思っているし、気になってるんですよ。でも、それをする事が大変なことのように思えて、現状維持をしてしまう。

辛い日常を維持してしまう

行動を起こすかどうかは、抱えている大きさによって変わるでしょうね。自分だけの問題なら動けるけれど。仕事が辛い時も簡単にいかないかもしれません。

私も仕事はホントに辛かったです。次々人が辞めて行くような職場ばかりでした。

状況を変えたかったけれど、40過ぎてから、また最初から人間関係を築く事、収入面、スキルを思うと踏み出せない。家族や友人の優しい言葉も有難く「今のまま」耐えてみよう。これより収入が下がったら大変だから等と、どこかで言い聞かせていました。

ひょっとしたら、自分に合った未来が目の前にあるかもしれないのに。自ら遮断していたんですよね。

やるか。やらないか。

そして、この「今のまま」精神でいると、自分でも気が付かないうちに「習慣化」しちゃうのが困りもの。昨日と同じことを今日も繰り返してしまう。そこから抜け出せなくなってしまうのです。

起き上がる時に、無意識に布団を払うように。歯磨きする時に、無意識に歯磨き粉を取るように。やるか。やらないか。1本踏み出すか。踏み出さないか。

ちっとも難しいことじゃないのに、だんだん出来なくなってしまう。最初から最終形や理想をイメージしてしまい、その途中経過が見えないから不安になるし、面倒になるんじゃないでしょうかね。この年月が深いと抜け出すのも大変なように感じます。

なんてあれこれ考えず、もっと気を楽に~。いっぺんに出来る人なんていないんだもの。出来る時に。あ!今出来そうな気がする!って何かが降りてきたときに、ほんの少しやってみるのはどうでしょう。

「今」を脱出できない時は、満足いくまで休んでみる

そうはいっても、それは理想論であって。

それが出来てたらとっくにスイッチ入ってますよね。急に動けません。私もそういう事いっぱいあります。そんなときは・・・

潔く自分を癒して休ませてしまう。満足いくまで、た~っぷりと。旅行に行けというわけじゃないのですよ。ぽーっと空を見るでもいい。好きな音楽を存分に聴くでもいいんです。

行動を起こせない時は、マイナス情報を脳に流さない習慣を。行動を起こせない自分をせめずに、きっちり休む癖を。

「あぁ今日も出来なかった」「なんで出来ないんだろう」「どうせ無理」という具合に、脳内にマイナス情報の悪循環がインプットされてしまうと、このままでいいや~という方向に行ってしまう。

まだ「機」が熟してないだけかもしれません。

動くのが今じゃないという事もありますから。

何かのきっかけで「今」が変わることもある

先日、NHKでちらっと見たんですが・・・。

98歳のおばあちゃんが「自分の好きな味で、美味しい朝ごはんを食べたい」という気持ちから、毎朝自炊を続けているという特集でした。人にまかせていて美味しくなかったんですって。98歳とは思えない手さばき。ニコニコしていました。

このおばあちゃんだって、作ってももらったご飯が美味しかったら、自分で作ろうと思わなかったはず。

外部からのきっかけで、突然にスイッチが入る事もありますよね。ぼんやりと気持ちを奮い立たせて動いても、満足感は得られなかったかもしれません。

だから・・・きっかけ(チャンス)をキャッチできるように、脳内のマイナス情報悪循環をクリアにしておくのです。きっちり休んでおくことで、柔軟に対応できるように思うのです。

おばあちゃんのように、作る→美味しい→自分にもできる→嬉しい→また食べたい→作る・・・という具合にプラスな循環。そうなったらもう、しめたものですね。

じんわり無理なくやる気を出してみる

色々書いてしまいました。文字にするって難しいですね。簡単にまとめます。

今まで出来なかった事を、無理に気持ちを奮い立たせるのは大変なこと。そこで、気になる事があったら①~③をやってみるのはどうでしょう・・・

①まず、心の中で「今のままでは今のまんま」と問いかけてみる。

このままでいいの?。何か1つでもやってみる?できそう?今日?明日?5分くらいなら出来るかな。スイッチが入るかどうか自分に問いかける。

②「今」を変えられそうにない時は、きっちり休む。

①を問いかけても、心が動かなかったら休む。

思う存分。特別なお金や時間をかけなくていい。隙間時間でもいいので、とにかく心が居心地が良くなるよう脳を休ませる。自分をせめたりしないで、脳を解放させる。

③何にも生まれないときは「気持ちを熟成」させる

①、②をしてもやる気が出ないときは、しばらくそのままにしてみる。

不思議なもので、この状態だった数分後、いきなりスイッチが入ることもあります。どうでもいいきっかけがあったりします。

日常のちょっとした、気になることが出来ないとき。「今のままでは今のまんま」を問いかけてみると、たま~にスイッチが入るのでおすすめですよ。何かをすれば、必ず何かは進むから。たとえ小さくても。

私の場合は②のきっちり休む期間が長い気がしますけどね・・・。キャッチできるようアンテナはっていられればいいように思います。

Sponsored Link

この記事をシェアする

トップへ戻る